ファッション

オンワードがゾゾタウンに再出店 スーツD2Cブランドで協業も

 オンワードホールディングスは8月下旬から、「トッカ(TOCCA)」「ジョゼフ(JOSEPH)」「Jプレス(J.PRESS)」など11ブランドを「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」に再出店する。自社工場生産によるD2C型スーツブランド「カシヤマ(KASHIYAMA)」も、ZOZOのビッグデータを活用した”マルチサイズ”展開で「ゾゾタウン」に出店する。オンワードは2019年2月にZOZOの会員制割引サービス”ZOZOARIGATO”に反発し、出店を引き上げていた。

 オンワードのECはこの数年で急速に伸びているものの、自社EC比率が高く、「ゾゾタウン」などのECモールへの依存率は低かった。新型コロナウイルスの感染拡大でネット通販での購買が増える中、ファッションECモールで最大手の「ゾゾタウン」への出店を再開する。

 「カシヤマ」は、ショールーム型の店舗などでの計測したデータを基にオーダーメードスーツを手軽に購入できるビジネスモデルで、オンワードは次なる主力事業として位置づけていた。新型コロナウイルスの感染拡大により来店へのハードルが高まっていることから、ZOZOの100万人分の体型データから算出した”マルチサイズ”テクノロジーを活用する。

 「ゾゾタウン」に出店するカシヤマ傘下のブランドは「Jプレス」などのほか、「エニィスィス(ANY SIS)」「エニィファム(ANY FAM)」「ポール・スミス(PAUL SMITH)」「グレースコンチネンタル(GRACE CONTINENTAL)」など11ブランド。主力の「23区」「組曲」「ICB」「自由区」は今回の出店には入っていない。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら