フォーカス

同世代は何してる? アパレル企業で輝く若手社員たち 第2回ZOZO編

有料会員限定記事

 「WWDジャパン」4月6日号は毎年恒例の新入社員向け特集だ。今年はファッション基礎知識や業界マップだけでなく、アパレル企業で実際に活躍する若手社員にもフォーカス。人気SPAから総合アパレル、最大手ECまで全8社の若手を取材し、彼・彼女たちのリアルな仕事ぶりに迫った。ウェブではその一部を連載形式で掲載する。第2回はZOZO編をお届け。

 アパレルEC最大手のゾゾタウンには、テナントのビジネス拡大をサポートするEC事業本部がある。同部では企業ごとに専属担当を設け、出店ブランドの日々の売り上げや在庫管理のほか、売れ筋のリポート、キャンペーンの企画・提案、出品アイテムの考案・セレクトなどを行う。同部で働く城内美咲さんはこの春入社3年目。EC専用ブランドの担当を経て、現在は大手アパレル企業を複数担当している。

 城内さんは2018年4月に中途採用でZOZOに入社した。新卒では地元の銀行に就職したが、「学生時代から頻繁に利用していたゾゾタウンの運営に携わりたい」と考え、ZOZO一本で転職活動を敢行。「メディアでもよく取り上げられ、社員さんが生き生きと働いていたのでずっと憧れがありました」。彼女の熱意や企業への愛が評価され、異業種ながら無事内定をもらい、静岡からZOZO本社のある千葉にやってきた。

この続きを読むには…
残り608⽂字, 画像3枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥0

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む