フォーカス

同世代は何してる? アパレル企業で輝く若手社員たち 第1回ジーユー編

有料会員限定記事

 「WWDジャパン」4月6日号は毎年恒例の新入社員向け特集だ。今年はファッション基礎知識や業界マップだけでなく、アパレル企業で実際に活躍する若手社員にもフォーカス。人気SPAから総合アパレル、最大手ECまで全8社の若手を取材し、彼・彼女たちのリアルな仕事ぶりに迫った。ウェブではその一部を連載形式で掲載する。第1回はジーユー編をお届け。

 ジーユー入社4年目の松嶌晃輔さんは、新卒採用を担当する人事部の若手ホープだ。新卒採用企画の立案から企業説明会の運営、面接まで採用活動の全行程に携わる。毎年決められた採用フローをこなすのではなく「どの時期にどんな企画を催すか。企業の何をアピールすれば学生に興味を持ってもらえるか。そもそもどの採用プラットフォームを使うのが一番有効かを考え、行動しなければいけません。前年踏襲は通用しません」。

 業務の中で最もやりがいを感じるのは「説明会や面接で学生と交流し、企業に振り向いてもらう瞬間」だ。ジーユーに興味を持っていなかった学生が、僕の企業説明を聞いて目の色を変えて『ジーユーってすごいんですね!』と言ってもらえるときは本当にうれしい。新卒入社は人生において最も大きな選択の一つで、一人の人生にこれほど影響を及ぼす職種はほかにありません。それだけ責任も大きいですが、やりがいは格別です」。

この続きを読むには…
残り1375⽂字, 画像2枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら