ファッション

「ゾゾタウン」がECでの“販売員”採用を開始!?

 ファッションEC「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するスタートトゥデイが25日、自社商材のコーディネート提案をする“販売員”採用を開始した。アルバイト採用で、定員は100人。

 勤務地は青山。業務内容は、自社で扱う50万点以上のアイテムを使ったコーディネート提案だ。販売員経験の有無に関わらず、学生も応募できるという。

 業務内容の詳細は不明だが、前澤友作・社長は自身のツイッターで、「パソコン作業のみで接客はありません。コーディネートをひたすら組み上げていくおシゴトです」と明かしている。とはいえ、店舗を持たない「ゾゾタウン」が“販売員”という名前で求人募集をするのは、いかにも同社らしい。同社は今年度中のプライベートブランド(PB)の立ち上げを公言しており、少しずつEC企業からアパレル企業というイメージが濃くなってきた印象だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。