ビューティ

女性美容師が働きやすいサロンづくりとは【ファッション業界人も知るべき今週のビューティ展望】

有料会員限定記事

 ファッションとビューティ、オフラインとオンラインを結びつける「WWDジャパン」がスタートするビューティ・インサイトは、「WWD JAPAN.com」のビューティニュー スを起点に識者が業界の展望を語る。識者は、美容媒体の編集長やコンサルタント、エコノミスト、そしてサロンスタイリスト。ビューティ業界の半歩先は、ファッション業界の“道しるべ”にもなるだろう。今週は美容師2人がキャリア形成やデジタル活用について語る。(この記事はWWDジャパン2020年10月26日号からの抜粋です)

今週の識者

みやちのりよし/「シャチュー(SHACHU)」CEO兼トータルプロデューサー

■女性美容師が働きやすいサロンづくり

 ポーラの「WEPs」署名に関するニュースは、「シャチュー」の6割を占める女性スタッフの働きやすさやキャリアプランを考えながら読んだ。
キャリアにおいては、これまで美容室はスタイリストデビューまでに時間がかかることも多く、入社後7、8年はデビューができず20代後半になってようやくということも多かった。実際にかつての同僚から相談されたこともあったが、20代後半になると多くの人が結婚や妊娠、出産、その後のキャリアについても考え始める時期だろう。スタイリストデビューの時期とそういったキャリアを考えるタイミングが重なってしまうことは、相談のしにくさや諦めを生んでしまうことにもつながるのではないだろうか。

この続きを読むには…
残り1673⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら