ビューティ

化粧品業界に新しい波 ジェンダーレス訴求は不要か?

有料会員限定記事

 女性、男性用とジェンダーで分けるのが一般的だった化粧品業界に新しい波が押し寄せている。ジェンダーフリーやダイバーシティーの考え方を取り入れる企業が増えており、製品や店舗に加え、個のニーズへの対応力に優れた接客が広がりつつある。自分に合うものを自由に選びたいという消費者の気持ちの高まりがそれを後押しし、ジェンダーフリーを体現するブランドが支持を集める。選ばれているブランドの戦略とは――。(この記事はWWDジャパン2020年10月26日号からの抜粋です)

 “ジェンダーフリー”という言葉が広がる前から、男女の垣根を越えたコンセプトや、商品・サービスを提供するビューティブランドが存在した。「イプサ(IPSA)」は、1986年の創業当時から“個々の美的生命力を引き出すこと”をコンセプトに掲げている。その考えは製品デザインでも体現。男女ともに支持を集める製品は、いずれも品質の高さと共に、誰もが手に取りやすく気持ちを高めてくれるパッケージで、女性だけでなく男性、ジェンダーフリーに広く受け入れられている。そのほかにも、「イソップ(AESOP)」や「ジョンマスターオーガニック(JOHN MASTERS ORGANICS)」などは、同様の理由で性差を超えて受け入れられてきたブランドである。今年デビューした2ブランドは、製品の香りにおいてもジェンダーフリーだ。

この続きを読むには…
残り2467⽂字, 画像18枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら