ビジネス

アパレル業界の余剰在庫問題をAIで解決 ローランド・ベルガーとABEJAが業務提携

 経営戦略コンサルティングのローランド・ベルガーとAIスタートアップ企業のABEJA(アベジャ)は、このほどアパレル業界の在庫過多の課題を解決すべく業務提携を結び、AIを活用した需要予測コンサルティングパッケージを共同開発した。

 同取り組みでは、ローランド・ベルガーが現行MD業務の分析および課題抽出を行い、ABEJAがデータ分析と予測モデルの開発を行うことで、機械学習モデルを活用した「需要予測コンサルティングパッケージ」を提供する。

 ABEJAは2020年にのローランド・ベルガーが立ち上げた協業プログラム「価値共創ネットワーク」に加わり、これまでにも大手アパレルや大手小売業向けた共同プロジェクトを実施してきた。
 
 ローランド・ベルガー日本法人の福田稔パートナーは 「“組織の壁を越え、異なる強みを掛け合わせて新しい価値を共創する”、今回の取り組みは弊社が提唱する価値共創ネットワークの典型例だ。具体的には、ABEJAの技術力と弊社の知見を掛け合わせることで、需要予測モデルのニュータイプを作り出せると考えている。そして、クライアント企業に貢献するだけでなく、ひいては業界全体の課題である作り過ぎ・在庫過多の問題に対して、課題解決につなげられるような取り組みに発展できればと考えている」とコメントした。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら