ビューティ

2021年美容トレンドはどうなる?スキンケア編 「バリアケア」「マスク老け」に注目

 2020年は、誰にとっても想像だにしなかった1年であったと思う。コロナ禍を経て、ライフスタイルや価値観が大きく変化した現在。2021年の美容トレンドはどうなるのだろうか?今回は「スキンケア」の未来を予想してみたい。

【スキンケアトレンド1】
「敏感肌」&
「見えないものから守る」意識

 スキンケアは今「敏感肌」のニーズなくしては語れないように思う。「働き方やコミュニケーションの方法が変わる」「1年中マスクを着用する」、これらの過去に経験のない大きな生活の変化によって、ニキビやバリア機能の低下など「以前とは違う不安定な肌状態」を実感する女性が増加しているからだ。また先行きに対する不安や、ライフスタイルの変化によるストレスも、肌の不調を後押しする要因にほかならない。

 もう1つ、この1年で大きく変わったのが「目に見えない、肌や体に害をなすものから自身を守りたい」という意識だ。これまで美容における見えない悪者といえば、紫外線や花粉、PM2.5などが代表例だった。この1年の「ウィルスから自身を守る」という経験を経て、肌への防御意識も高まるとしたら、今後は低刺激設計×大気中の微粒子から肌を守るミストが、さらに注目されるのではないかと思う。 

【スキンケアトレンド2】
ある日気づく「マスク老け」、シワやシミ対策へのニーズが高まる

 マスク着用やリモートワークの影響で、明らかに低下したのがUVケアやファンデーションの使用機会だ。これは「紫外線対策が、これまでより手薄になる」ことを意味しており、時間の経過と共に「シミ」や「くすみ」が気になる女性が増加するのではと予想している。個人的にも最近皮膚科で肝斑の悪化を指摘され「えっ、いつの間に!?」と驚いた。皮膚科医曰く、マスクと肌がこすれる影響で、私のような患者が増えているという。

 もう1つ、資生堂の研究によって判明したのが、マスク着用時は「目元の筋肉の活動量が増加する」という事実。確かに、マスクから唯一見える「目元」でコミュニケーションをはかろうとするのは、心情的にも理解できる。この状態が長期継続すると、シワ発生の要因になると考えられる。

一つ一つは小さなことだが、生活習慣の変化が積み重なると、肌への影響は決して見逃しにはできない。今後ふと鏡を覗いた時に「マスク老け」を意識する女性が増えるとしたら、エイジングケアへのニーズは確実に高まるはずだ。

【スキンケアトレンド3】
信頼と期待感を両立した
「進化型ロングセラー」

 アイスタイルが「@cosmeビューティアワード2020」と共に発表したトレンド分析によると、スキンケア分野では「ロングセラーのリニューアル製品」が注目されているという。長年培ったブランドの信頼感に、最新の技術が加わることで「効果が期待できる」「間違いのないものを買いたい」という、消費者の思いに合致した結果だ。

 21年春は、まさに進化を遂げたロングセラーが充実するシーズン。富士フイルムの「アスタリフト(ASTALIFT)」からは、ジェリー アクアリスタシリーズ初の医薬部外品として、美白ジェリーが登場。高濃度ビタミンC美容液の先駆者であるロート製薬の「オバジ(OBAGI)」“Cシリーズ”は、ベース処方を一新して浸透スピードが飛躍的に高まった。

 双方ともに長年のファンが多いため、テクスチャーや使用感を可能な限り踏襲する一方で、処方を「ほぼ1から検討し直した」というから驚きだ。ある意味、新製品を開発するよりハードルが高い作業であり、処方担当者の苦労は想像に難くない。その結果誕生した進化型ロングセラーは、肌の機能を根本から立て直し、潤い、ハリ、透明感などさまざまな肌悩みに応えるという意味でも、まさに今の女性が求めるスキンケといえる。

 スキンケア編で紹介した製品は、いずれもトレンド要素が重複している。「アスタリフト」は「マスク老け」にも対応するし、「シャネル」や「d プログラム」は「進化したロングセラー」にも当てはまる。

 総じて、今女性に求められるスキンケアのポイントは「多機能」「肌本来の根本的な力を高める」「信頼感がある」ということだろうか。肌はライフスタイルを映し出す鏡であり、不安定な時代だからこそ、確実に効果があるものを選びたい――。2021年はそんな本質的で堅実な方向に、女性の気持ちが強くシフトするように思う。

 さてその一方で、メイクアップのトレンドはどうだろう? こちらは「コロナ禍を経験した、リアルな現在の気分」を表現するカラーが登場している。詳しくはメイクアップ編でご紹介したい。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら