ニュース

「ユニクロ」がバイリンガル雑誌「LifeWear magazine」を創刊 木下・元「ポパイ」編集長が編集

 「ユニクロ(UNIQLO)」は8月23日、日英バイリンガル雑誌「LifeWear magazine」を創刊する。全国の「ユニクロ」店舗と蔦屋書店で約100万部を無料配布するほか、デジタル版を電子書籍のキンドルと特設ウェブサイトで配信する。今後は春夏号と秋冬号の年に2回の発刊を予定している。

 編集は元「ポパイ(POPEYE)」編集長の木下孝浩=ファーストリテイリング グローバルクリエイティブラボ東京 クリエイティブディレクターが担当した。創刊号では、ロサンゼルスに暮らす人々のファッションストーリーや「ユニクロ」のグローバルブランドアンバサダー、ロジャー・フェデラー(Roger Federer)選手のインタビュー、秋冬発売予定のコレクションビジュアルなどを収めた。ブランドの“LifeWear”の考え方をさまざまな形で解説し、伝える一冊となった。

 木下は「この時代に雑誌を創刊できることはラッキーで、とてもエキサイティングな半年間だった。この雑誌を楽しみにしてくれる読者を少しずつ増やしていければと考えている。デジタルマガジンもリリースし、紙とデジタルの両方のメリットを考えながら、マガジンというカルチャーを大切にしていきたい」とコメントした。

 創刊を記念して「ユニクロ」銀座店12階にスペシャルフロアをオープンする。今秋25周年を迎えるフリースの歴史を巡るコーナーや同雑誌のコンテンツを表現したブースが並ぶ。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら