ファッション

ストライプがD2Cに本腰、「事業全体で100億円目指す」 第1弾は低身長女性向け「レム クローゼット」

 ストライプインターナショナルがD2C事業を本格化する。第1弾として3月26日に、同社の「コエ(KOE)」の販売員だった松井里穂がディレクターを務める低身長の女性に向けたブランド「レム クローゼット(REM CLOSET)」の販売を自社ECサイトの「ストライプ クラブ」等で開始する。今後、松井ディレクターも含め「社内外の(インフルエンサーなど)20人を1ユニットとしてそれぞれのD2Cブランドを立ち上げ、1ブランド5億円、1ユニットで100億円というD2C事業の売り上げを目指す」(石川康晴社長)という。

 松井ディレクターのインスタグラム(@rihoo914)のフォロワー数は2月3日現在で1万4000人。「150センチという小柄な体型をカバーするコーディネートを投稿し、フォロワーから支持されている」と広報担当。「レム クローゼット」がターゲットとするのも、「低身長という悩みを抱える20代後半から30代女性」だ。ブランドの公式インスタグラムで、ターゲット層とサイズ感や着心地についてコミュニケーションを取りながら商品開発を進めていくという。価格はトップス3000円から、ボトムス7000円から、アウター6000円から。

 松井ディレクターはこれまで、「ホテル コエ トーキョー(HOTEL KOE TOKYO)」で販売員として勤務しており、「コエ」のSNSディレクターも務めてきた。新ブランド立ち上げにあたり、「毎日欠かさず出勤前にコーディネート画像を撮り、月120コーディネートの投稿を2年間継続してきた。お客さまに高揚感を感じていただける商品を作っていきたい」と松井ディレクターはコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら