ビジネス

表参道沿いの「ポール・スチュアート」が39年の歴史に幕 11月に近隣に移転

 三陽商会は「ポール・スチュアート(PAUL STUART)」の旗艦店である青山店を移転する。表参道沿いの石垣のショップとして長年親しまれてきた現店舗は、2月11日で39年の歴史に幕を閉じる。新店舗は近隣に11月オープンする予定だ。

 青山店は1981年に開店した。1階・2階の約729平方メートルの売り場にメンズ・ウィメンズのアパレル、シューズ、バッグ、アクセサリーなどフルラインを販売する。店舗の大きな特徴は石垣の重厚なファサードで、表参道の落ち着いた景観を作ってきた。もともとは小高い丘の上に邸宅があった場所で、石垣はビル建設にあたって当時の名残を残したものだった。

 三陽商会によると、移転理由は「契約満了に伴い、現在の『ポール・スチュアート』にふさわしい新しい店を作ることになったため」(同社広報)。移転先はすでに決まっているが、まだ公表できないという。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら