ファッション

「ポール・スチュアート」が女性管理職向けに夏のジャケットとアロマの活用術を指南

 三陽商会の「ポール・スチュアート(PAUL STUART)」は4月10日、女性エグゼクティブに向けたセミナーイベントの第3弾を青山店で開催した。今回はスタイリストの犬走比佐乃による「夏のジャケットスタイル」と、アロマライフスタイリストの川野菜穂の「アロマの上手な活用術」の2部構成で実施。ブランドの顧客と「プレシャスジェイピー(Precious.jp)」(小学館)の読者ら約50人に向けて、ビジネスシーンに活用できるスタイリングのヒントを指南した。

 セミナーでは、犬走とのコラボレーション商品のジャケットやストライプブラウス、カラーパンツなどを合わせながら、夏のコーディネートを提案した他、今秋発売する新作の名刺ケースを披露し、好感度アップが期待できる名刺にアロマで香り付けをするポイントなどを解説した。

 セミナー後には、ショッピングパーティーを開催。同日限定の特別価格で商品を販売した他、未発売の名刺ケースのカスタムオーダーなどを受け付けた。また、誕生石の色をイメージしたドリンクサービスも行った。

 「ポール・スチュアート」は17年春夏から、女性エグゼクティブのための商品に注力し、これまでも“ファーストジャケット”や“ファーストコート”“ファーストバッグ”などを開発してきた。17年2月からは半期に1回、社会で活躍する女性に必要な服装やスキルの習得をサポートする企画として、セミナーを行っている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら