ファッション

TOKYO BASEが今期売上高150億円突破へ 新業態開発などで

 セレクトショップ「ステュディオス(STUDIOUS)」を展開するTOKYO BASEの2018年2月期決算は、売上高が前期比36.6%増の127億8100万円、営業利益が同22.0%増の15億7400万円、経常利益が同24.6%増の15億7700万円、純利益は同31.5%増の11億2600万円と、大幅な増収増益だった。期末の店舗数は主力業態の「ステュディオス」は7店舗増の32店舗(うちECが8店舗)、SPA業態の「ユナイテッドトウキョウ(UNITED TOKYO)」が8店舗増の14店舗(うちEC2店舗)、当期にリブランディングしてスタートした大人向けSPA業態の「シティ(CITY)」は4店舗(うちEC1店舗)になった。

 昨年6月には「ファクトタム(FACTOTUM)」を手掛けるロスチャイルドの株式を49.37%取得し持分法適用関連会社に、また昨年9月には「メゾン ミハラヤスヒロ(MAISON MIHARA YASUHIRO)」を手がけるソスウに11.76%を出資している。これらのM&Aに伴いキャッシュフロー計算書には関係会社の株式取得による支出として約9900万円を計上した。

 今期(19年2月)は新たにカジュアル業態の立ち上げなどを計画。売上高は153億6100万円、営業利益は20億2900万円、経常利益は20億3200万円、純利益は13億8700万円を計画している。

 4月13日の終値は前日比で3.05%高い1485円だった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら