ファッション

女性管理職向けバッグとコート 「ポール・スチュアート」が提案

 三陽商会の「ポール・スチュアート(PAUL STUART)」は2017-18年秋冬、女性管理職向けの“ファースト バッグ”と“ファースト コート”を発売する。17年春夏に発売した女性管理職向けの“ファースト ジャケット”から派生した新商品。2月に青山店で行った女性エグゼクティブ向けのイベントで、アンケートを実施。収納力や軽さ、カラーなど彼女たちのリアルな声を取り入れて商品化した。

 “ファースト バッグ”は内側と外側にポケットや仕切りを11つ付けた収納力が特徴だ。内側に配したビッグポケットには、13インチのノートパソコンやタブレットが収納できるようクッションを内蔵。薄く丈夫な本革を用いて軽量化しながら、底鋲とレザーの固さで、中身が少なくてもしっかりと自立する。デザインは“ビジネス感”を強調しないよう丸みを付け、“ブランドもの”見えしないようにロゴ無しでシンプルに仕上げた。色はベージュとネイビーの2色で、クロコダイルの型押しタイプもそろえる。価格は7万円で、8月23日に発売する。

 “ファースト コート”はタイロッケン(ベルト締めダブル)ベースの軽量コート。高級アラシャンカシミヤを約60%使用しながら、従来のカシミヤコートに比べ約20%軽くした。出張の多い女性エグゼクティブがパスポートを収納するため、ファスナー付きのサイドポケットや胸ポケットを付けている。使用していくうちに毛羽が出にくいように、2度の起毛加工をかけているのもポイントだ。価格は18万円で、11月1日から販売を開始する。

 「ポール・スチュアート」の17-18年秋冬物は、全体の約4%だった雑貨比率を約10%に拡大した。“ファースト バッグ”の他、ストラップの色をカスタマイズできるトートバッグやパスケースなどを新たに提案し、売り上げ前年比30%増を目指す。また、今秋冬からECでのサイズやカラー展開を強化していく。ニットは従来4色展開だったものを約12色へ増やし、従来3サイズだった商品を約6サイズへと幅を広げる方針だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら