ニュース

有楽町ロフトが銀座2丁目に移転オープン、初の自社コスメも発売

 創業30年目を迎えるロフトが、6月11日をもって有楽町ロフトの営業を終了し、6月23日に銀座ロフトを移転オープンする。新店は、銀座2丁目の並木通り沿いにある銀座ベルビア館の3~6階。売り場面積3313平方メートルの大型店舗になる。「こだわりの『モノ』が揃い、新しい『コト』に出合い、発信する『ヒト』がいる。」をコンセプトに掲げ、雑貨専門大店のフラッグシップストアづくりを推し進める計画だ。

 24日に行われた会見で、同社の安藤公基・社長は「30年の変遷の間に初期のロフトが持っていたブランドイメージが薄れてきたというのも事実。身近で便利な店として支持は頂いているが、やや物足りなさを感じているお客様がいらっしゃるのではないかと思っている。銀座ロフトの最大のミッションは、もう一度ぴかぴかのロフトブランドを作り上げること」と意気込みを見せた。4層の売り場は、「ロフトに行けば必ずある」(水野貴思・執行役員 商品部長)をマーチャンダイジングのベースとし、3階「ボディ&ビューティ」、4階「ホームソリューション」、5階「ワーク&スタディ」、6階「ネクストクリエーション、トラベル、モバイルアーツ」で構成する。

 3階の「ボディ&ビューティ」フロアでは、オープンを機にデビューするロフト初のプライベートブランドコスメ「ロフコス(LOFCOS)」を先行発売(ネットストアでも同時先行発売。7月1日より全国のロフトにて一斉発売)。「ロフコス」はメイク感度の高い20代後半から30代後半の女性をメインターゲットに、メーカー3社と共同開発。天然由来成分配合のベースメイクをはじめ、トレンドを重視したカラーアイテムなど、高品質な商品をリーズナブルに提供する。

 また、情報発信を担う「ヒト」軸としてモデルの田中里奈、バリスタの大塚朝之(猿田彦珈琲)らを迎えて「TEAM LOFT」を結成。定期的にトークショーやイベントを行うなど、新たな売り場の提案と雑貨の魅力を来店者に伝えていく予定だ。