ニュース

世界最大ファッション展の黒船来航 「IFF MAGIC Japan」開幕

 世界最大のファッション展である米「MAGIC」が日本に上陸した。JFW-IFFとの共同主催による「IFF MAGIC Japan」が26日に開幕。 展示会規模および出展者数は前年のIFF4月展の約2倍。“MAGIC効果”もあってか、約35%のブランドが初出展だという。

 IFFを主催する繊研新聞社とMAGICを運営するUBM、両社の出合いは2012年にクリストファー・グリフィンUBMコンサルティング プレジデントがIFFに来場したことに遡る。13年には米国のMAGIC会場内に「ジャパンファンタイム」ブースを創設。親交を重ね、今回の両社による初開催となった。

 「IFFのDNAや繊研新聞社が持つ業界内のネットワーク力に敬意は払いつつ、今回マーケティング・営業など運営面はすべてUBMが担当。来場者はもちろん、出展者も楽しめる“場”を創造したく、国内外の有力DJ陣を招聘。さらにブロガーやインフルエンサーが即情報発信できるようラウンジを設けた」と石原隼人IFF MAGIC Japanプロデューサー兼ファッション事業部部長は話す。

 「ファッション感度の高い若年層、外国人が明らかに増えた」とは、IFF時代からの出展者の声。海外の有力バイヤーと出展者の個別商談を可能とするプライベートマッチングも好評で、石田和孝・三陽商会レディス&メンズ企画MDは「新規アカウントのみで15、6社のアポが入っている。国内で製品洗いを掛けた『100年コート』が人気」という。

 IFF MAGIC Japanは9月の開催も決定している。「単なる展示会ではなく、イベントとして成熟させたい。今後はIFFのアイデンティティーとも言えるセミナーも強化していく」とグリフィン=コンサルティング プレジデント。IFF MAGIC Japanは28日まで東京ビッグサイト西館で行われ、3日間で2万5000人の集客を見込む。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら