ビジネス

三陽商会の苦戦続く 1〜12月期は営業赤字23億円

 三陽商会の2019年1〜12月期連結業績は、本業のもうけを示す営業損益が23億円の赤字だった。当期は決算期変更に伴う14カ月決算だが、同じ期間で比較すると赤字幅が約2億円拡大した。主販路である百貨店での苦戦と、10月の消費増税による買い控え、暖冬による防寒衣料の不振が重なった。通期(20年2月期)も損失を計上する見通しで、屋台骨を失った“バーバリーショック”以来、4期連続の営業赤字になる。

 売上高は585億円の微減だった。自社ポイントカード会員の買い上げ比率の高まりと、値引き販売の拡大によって粗利益率が悪化した。純損益も15億円の赤字(前年の同じ期間は8億1900万円の赤字)だった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら