ファッション

ゲームコミュニティー「ボルトルーム」がGR8で初のオリジナルグッズを発売 ECサイトも開設

 東京発の招待制ゲームルーム「ボルトルーム(VAULTROOM)」は、オリジナルのキャラクターやロゴをあしらったグッズをセレクトショップのGR8(グレイト)で6月25日に発売する。これらのアイテムは、「ボルトルーム」の参加者やインフルエンサー、SNSの抽選で当選者のみにプレゼントしていたもので、一般販売は今回が初めて。

 アイテムは、オリジナルキャラクター“ボルト君”とオンライン・PCゲームプレイ中のチーター(ゲームプログラムやデータを不正に改変してプレイするプレイヤー)に対するメッセージ“ANTI CHEAT”の文字が付いたTシャツ(税込8800円)、ロゴキャップ(同6600円)をそろえる。TシャツのカラーはGR8限定のブルーとブラック、ホワイトを用意。店頭では「ボルトルーム」が制作した、“ボルト君”のオリジナルムービー4種をモニターで放映する。

 「ボルトルーム」は2020年に土井郁輝ら4人が始動した、東京に2拠点、福岡に1拠点を構える日本最大級のゲームコミュニティーだ。ゲーム界のみならず、ファッションやアート、音楽界のゲーム好きが集い、独自のコミュニティーイベントを定期的に開催している。ツイッターのフォロワーは開設から1年で3万を超える。また6月28日には「ボルトルーム」公式オンラインストアを開設する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら