ファッション

ファッション界も熱視線を送るゲームコミュニティー「ボルトルーム」 秘密基地から生まれる新たなカルチャー

有料会員限定記事

 米国やアジア圏を中心に日本でも着実に拡大しているゲーム市場は、プレーヤー人口の増加により、新たなユースカルチャーとして大小さまざまなコミュニティーを生み出しつつある。中でも東京発の招待制ゲームルーム「ボルトルーム(VAULTROOM)」はツイッターを中心に話題で、コミュニティーには芸能人や有名ストリーマー(ゲーム配信者)、プロゲーマーが名を連ねる。現在は100人以上が出入りしており、フォロワーは2020年の始動からわずか1年で3万を超え、東京・渋谷に2拠点、福岡に1拠点を構える日本最大級のゲームコミュニティーに拡大。オーナーとして運営するのはアパレル製造業の土井郁輝ら4人で、コンクリート張りの空間を照らすネオン管のライトや壁面のアート、オブジェなどは、一般的なゲームルームのイメージを覆すスタイリッシュな“秘密基地”だ。さらにオリジナルのキャラクターやグラフィックをあしらったグッズも製作し、夏頃の一般販売に向けてEC開設の準備を進めている。ファッション関係者からも注目を集め、それらのグッズはセレクトショップのグレイト(GR8)での販売も決まっている。オンラインで誰とでも簡単につながれる時代に、土井オーナーらはなぜリアルの場にこだわるのだろうか。

 「ボルトルーム」を立ち上げたのは、「趣味の延長線上です」と土井オーナーは笑う。「10年前は、プレイステーション・ポータブル(PSP)の『モンスターハンター(MONSTER HUNTER)』に没頭していました。友人と一緒にプレーするのが楽しくて、横並びでオンラインゲームができる場所を作りたかったんです」。部屋の独特なインテリアにもこだわりがある。「日本には海外のようにカッコいい背景で配信しているストリーマーがいなかった。だから渋谷の部屋は現代アートが映るようなレイアウトにして、配信環境も整えました」。

 転機は、アメリカのエレクトロニック・アーツの有名ゲーム「エーペックスレジェンズ(APEX LEGENDS)」のコミュニティー内の大会を開催する権利を得たこと。しかし大規模なものにはせず、あくまでコミュニティー内での対戦にこだわり、土井オーナーがチーム戦のメンバーを選んでいる。影響力の強いゲーマーが多数参加することで、徐々にゲーム好きから話題を集め、認知度は飛躍的に拡大していった。

この続きを読むには…
残り817⽂字, 画像7枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら