ニュース

ヘロン・プレストンがeスポーツ団体と契約 アドバイザーに就任

 自身の名を冠したブランドを持つデザイナーのヘロン・プレストン(Heron Preston)は、eスポーツ団体のジェン・ジー(Gen.G)のエグゼクティブ・ブランド・アドバイザーに就任した。今後同団体のために限定品のデザインを手掛けるほか、運営全般におけるアドバイスやカウンセリングを行う。まずは世界的人気のeスポーツゲーム「リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends)」に参加するチームの限定アイテムを製作し、年内に発売する予定だ。

 ジェン・ジーは、アメリカとアジア諸国をつなぐ主要eスポーツ団体の一つだ。「リーグ・オブ・レジェンド」の大会では、2014年と17年に「サムスン ギャラクシー(Samsung Galaxy)」というチーム名義で世界チャンピオンに輝いた。そのほかにも「オーバーウォッチ(Overwatch)」「ヴァロラント(Valorant)」「NBA 2K」といった数々のeスポーツゲームでチームを運営し、「フォートナイト(Fortnite)」では、マッチングアプリ「バンブル(Bumble)」との提携によりアメリカ初の女性のみのチームを立ち上げた。

 ジーナ・チャン・リー(Gina Chung Lee)=ジェン・ジー ブランド担当バイス・プレジデントは、「このようなときに彼と一緒に仕事ができるのは私たちとって素晴らしいこと。協業を始めて以来、彼は私たちの文化を理解し、ゲーマーと協力するよう努めている。とても小さなコミュニティーなので、その意向を知ろうとしてくれる彼のような人物に敬意を抱いている」と述べた。

 ニューヨーク市衛生局やNASA(アメリカ航空宇宙局)とも協業するプレストンは、「ファッションデザインとeスポーツは関わりがまだ薄い。だから新しく、革新的だと感じられた」と語る。また、ジェン・ジーのeスポーツやゲームへの独自のアプローチにも惹かれたという。

 ジェン・ジーは内部教育プログラムなどを導入しているほか、男性中心になりやすいゲーム業界の中でサマープログラムなどを通じて女性のプレーヤーの誘致に力を入れている。また、ソウルにアジア初のeスポーツ専門の養成教育機関ジェン・ジー エリート イースポーツ アカデミー(Gen.G Elite Esports Academy)を設立。アメリカではイースタンミシガン大学(Eastern Michigan University)や、ケンタッキー大学(University of Kentucky)、ペンシルベニア大学(University of Pennsylvania)とパートナーシップを結んでいる。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら