ファッション

「LV」「ナイキ」など大企業も夢中 急成長する中国eスポーツ市場の現在地

有料会員限定記事

 中国では若者が消費の中心となりつつあり、彼らを魅了しているのがeスポーツだ。アイリサーチ(iResearch)が発表した「2021年中国eスポーツ業界研究レポート」によると、中国のeスポーツユーザーは昨年5億人に達した。そのうち半数以上が19〜24歳のジェネレーションZ世代である。特に昨年はコロナ禍で多くのスポーツイベントが中止され、オンライン配信のeスポーツに注目が集まり視聴者を増やした。中国のeスポーツ市場は昨年1474億元(約2兆5000億円)規模に成長し、2022年には2157億元(約3兆7000億円)まで拡大する見込みだ。年成長率は20%台後半で推移しており、eスポーツ関連企業は投資家の注目の的となっている。近年はファッションブランドや美容企業がスポンサーやコラボレーションでeスポーツと関わるようになり、スポーツウエアからラグジュアリーまで幅広いブランドが協業している。

大物投資家から政府も動いた巨大市場

 中国のeスポーツチーム「LGDゲーミング(LGD Gaming)」の日本代表を務めた経験を持つ今野広清(チャールズ)によると、中国でeスポーツが注目され始めたのは12年のこと。eスポーツは03年に、中国体育総局によって正式にスポーツとして認められたものの「2000年代はゲームに対するイメージが悪く、インターネットができる場所もネットカフェなどに限られていた。ゲームをするのは一部の若者だけだった」。風向きが変わったのは、不動産分野のコングロマリット万達集団(ワンダグループ)の創業者・王健林(Wang Jianlin)の息子で、中国では有名な投資家の王思聡(Wang Sicong)がきっかけだ。思聡は11年8月に解散寸前だったeスポーツチーム「CCM」を買収し、「IG eスポーツクラブ」を設立した。翌年には同チームは世界選手権で優勝。「これをきっかけに“eスポーツは稼げるビジネス”という認識が広まった」と今野は述べる。

 同氏はさらにプロリーグ参加チームや選手個人を管理する中国eスポーツクラブリーグ(ACE联盟)を設立。また自身が経営するベンチャーキャピタルの普思資本のほか、個人でオンラインゲーム開発企業やeスポーツイベント会社、大学、ゲーム中継プラットフォームなどの関連事業に投資した。こうした流れを受け、これまで「ゲームは青少年に悪影響」と主張していた中国政府も方針を転換。15年頃には政府が企業を後押しするようになり、国家体育総局がプロゲーマーの登録や評価を推進する方針を打ち出した。

 企業の動きも徐々に活発化している。03年にテンセントが立ち上げたテンセントゲームス(Tencent Games)は、16年に人材育成や業界支援のためのテンセントゲームアカデミーを設立。アリババスポーツ(阿里体育、Ali スポーツ)は、16年に独自のeスポーツイベント「ワールド eスポーツ ゲームス(WESG)」を始動した。eスポーツクラブは資金調達に積極的になり、スポンサーを続々と獲得。中国アパレルブランド「リーニン(LI-NING)」は2019年5月に解散寸前だったeスポーツクラブを買収し「LNGeスポーツクラブ」として再建している。プロリーグは資金が集まることでさらに盛り上がり、現在の形まで発展を遂げた。

この続きを読むには…
残り2275⽂字, 画像10枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら