ニュース

「アンディフィーテッド」がNYのeスポーツチームとコラボ eスポーツはファッション業界のブルーオーシャンか

 「アンディフィーテッド(UNDEFEATED)」がニューヨーク初のプロeスポーツチーム「ニューヨーク エクセルシオール(New York Excelsior)」のチームジャージーを手掛けた。「ニューヨーク エクセルシオール」は、ゲーム「オーバーウォッチ(Overwatch)」のeスポーツリーグ、オーバーウォッチリーグでプレーする12のフランチャイズチームの1つだ。

 「アンディフィーテッド」はこれまでNBAのゲーム「NBA ライブ 18(NBA LIVE 18)」を制作・開発しているEAスポーツ(EA SPORTS)と協業したことはあったが、eスポーツに進出するのは今回が初めて。ジェームズ・ボンド(James Bond)「アンディフィーテッド」共同設立者は「今のスニーカーヘッズはコンピューターと共に育った世代で、子どもにとってビデオゲームは第2のスポーツ。俺の11歳の息子もゲームに夢中だ。これはただのトレンドではなく、大きな可能性がある市場だ。スニーカービジネスは日々進化している。毎日のように大量のスニーカーが発売されているが、消費者がどれだけのスニーカーを消費できるかがカギになっている。それで言えば今の8〜10歳が次なる消費者だ」と言う。

 同チームのマーチャンダイズと消費者向け商品開発部を率いるコレット・ガンジェーミ(Collette Gangemi)は「アンディフィーテッド」とコラボした理由を「eスポーツのアパレル商品は子どもっぽいものばかりだが、コラボでストリートウエアの要素を取り入れたかった。ニューヨークでコミュニティーを形成するには、買えば誰でもすぐに参加できるチームジャージーを強化する必要があった」と語る。

 ガンジェーミによれば「ニューヨーク エクセルシオール」のチームメンバーは全員韓国人で、スニーカーヘッズも多いという。「アンディフィーテッド」は2002年にロサンゼルスでスニーカーショップとして創業し、05年にオリジナルのアパレルラインをスタート。日本では06年に静岡に1号店をオープンした。現在、米西海岸で6店舗、日本で6店舗を運営しており、アジアでのプレゼンスを高めるべく年末までに香港と北京に新店舗をオープンする予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら