ファッション

アトモスCEO・本明秀文のスニーカーライフ「情報戦」

有料会員限定記事

 スニーカーにまつわる噂話のあれやこれやをアトモスの本明秀文CEOに聞く連載。フットロッカーがアトモスを買収すると発表したのがちょうど1年前。それ以降も、大手アパレルやファンドによる世界の有力スニーカーショップを狙ったM&Aが盛んに行われている。事業拡大のチャンスでもあるけど、一方でDNAを失う危険も。ブランドやメーカーから事業再生を依頼されることも多いという本明さん。今回の依頼主は、なんとあのスニーカーショップだった。(この記事はWWDジャパン2022年8月8・15日合併号からの抜粋です)

本明秀文CEO(以下、本明):中国の知り合いから突然、「スニーカーショップを運営してくれない?」という連絡が来た。「世界的なスニーカーショップだ」と言うからよくよく話を聞くと、あの「アンディフィーテッド(UNDEFEATED)」だった。中国の大手アパレルメーカー、ヤンガーがアメリカのアンディフィーテッドとジョイントベンチャーを立ち上げて、中国国内のライセンス商品の販売権利を持つらしい。中国市場を強化していくんだと思う。僕はフットロッカーで働いているから競合を助けることはできないよ、と断ったんだけど。

――それはビックリですね。日本はTSIが扱っていますが、どうなるんでしょう?

この続きを読むには…
残り1183⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。