ファッション
連載 本明秀文のノットスニーカーライフ

アトモスCEO・本明秀文のスニーカーライフ「NYとNFT」

有料会員限定記事

 スニーカーにまつわる噂話のあれやこれやを本明CEOに聞く連載。やっと入国規制が緩和され、海外渡航する人が増えつつある。本明さんも先日、フットロッカーとのミーティングのために、1年3カ月ぶりにニューヨーク(NY)を訪れた。思い返せばコロナ禍は海外にもろくに行けず、本連載でも定番だった本明さんによる海外リポート(ほぼ毎月!)がほとんどできなかった。というわけで、今回は、個人的にも待ちに待ったNYの話。(この記事はWWDジャパン2022年5月16日号からの抜粋です)

本明秀文CEO(以下、本明):NYはめちゃくちゃ活気があった。世界中から観光客が戻ってきているし、コロナなんて一切関係なく、スニーカーがすごく盛り上がっていたよ。

——以前のNYと比べて変化はありましたか?

本明:まず、ナイキショップにスニーカーが並んでおらず、アパレルばっかり。物流が狂っているせいで、入荷が不安定になっている。一方で、「ニューバランス(NEW BALANCE)」や「サロモン(SALOMON)」を履いている人が増えていたり、「オン(ON)」に入店の列ができていたり、人気のバロメーターは日本と似ていた。一番驚いたのは、聞いたことのないリセールショップが乱立していたことだね。ちょっと行かない間にずいぶんと様変わりしていた。アメリカに行ってまざまざと分かったけど、日本のリセール市場は今、世界一相場が安い。日本で買ってアメリカで売ると一番もうかるよ。モノによっても違うけど、例えば“エア ジョーダン 1“AIR JORDAN 1)”の“パテントブレッド”を日本で買うと約2万4000円。それがNYの店頭だと380ドル(約4万9400円)で売られている。

——そんなに⁉実際、店はにぎわっているんですか?

本明:どの店も店内に最低30人は客がいた。リセールショップの「ラウンド2」の向かいに「D1」という店ができていたんだけど、こっちの方が高く買い取ってくれると、買い取りの列ができていた。競争力が上がって条件も良くなっている。僕が「D1」に行ったときにフランス人家族がいて、サクッと5足を100万円で買って帰ったんだ。そんな客がたくさんいた。

この続きを読むには…
残り879⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。