ファッション

アトモスCEO・本明秀文のスニーカーライフ「煽ってどうする」

有料会員限定記事

 スニーカーにまつわる噂話のあれやこれやを本明CEOに聞く連載。「フォーブス ジャパン(FORBES JAPAN)」の「小売業界に激震、ナイキが靴販売チェーンから撤退か」のニュースは、小売最大手フットロッカー傘下の「アトモス(ATMOS)」に文字通り激震を走らせた。ただ、すぐに本明さんがこれを“ガセネタ”だと真っ向から否定。ほとぼりが冷めたかと思われたが、この“ナイキ問題”、大きな悩みの種である。今回はニュースの真相から、きたるべき小売店の未来を占う。(この記事はWWDジャパン2022年3月21日号からの抜粋です)

本明秀文CEO(以下、本明):「フォーブス」から“ナイキがフットロッカーから撤退した”という内容の煽り記事が出て、それを読んだ人たちからすぐに連絡が来た。「大丈夫?」って人もいれば、「いいタイミングで会社を売ったね」と思った人もいたみたい。スタッフのところにもすごく問い合わせが来ていて、みんな不安になっている。困ったもんだよ。

――記事には当初「フットロッカーからナイキが全製品を引き揚げた」と書いてあり炎上しましたが、それを受けて「一部製品を引き揚げた」に訂正されました。でも、まだ引き揚げたわけではないですよね?ナイキが今後D2Cを強化して、小売店への割り当てを減らすと発表したことにより、取引最大手のフットロッカーの株価が落ちたのでは?

本明:そう。まだ引き揚げてもないし、完全にミスリード。分かってないアメリカの記者が書いて、それを分かってない日本人が翻訳している。

この続きを読むには…
残り1016⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら