ファッション

アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ「がんばれアディダス!」

有料会員限定記事

 スニーカーにまつわる噂話のあれやこれやを本明社長に聞く連載。「アディダス(ADIDAS)」が1996年にスケートボードシーンへの参入を試み、発売したモデル“アディマティック(ADIMATIC)”。当時の日本では入手困難な人気モデルとして即完売だったというが、現在は廃盤。その“アディマティック”が「アトモス(ATMOS)」の小島奉文ディレクターの努力で26年ぶりに復刻する。「アディダス」といえば、最近は業績不振で本明社長も度々“喝!”を入れている。復活なるか?

――今「アトモス」と「アディダス」で、「アディダス会」なるものを開催していますよね?

小島奉文ディレクター(以下、小島):全国の「アディダス」のファンと「アディダス」の話をしながら交流するという企画です。昨年の10月にスタートして、そこからほぼ毎週、これまでに全国10カ所を回りました。ここ数年、「アディダス」とウチで深くお付き合いさせていただくようになって、その流れで3月に“アディマティック”を復刻することになりました。

この続きを読むには…
残り1252⽂字, 画像5枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら