ファッション

「アンブッシュ」、NFTに参入 2月に第1弾のアイテムを販売

 ファッションブランド「アンブッシュ(AMBUSH)」がNFTに参入する。第1弾のアイテムは、ブランドのルーツになったジュエリーの「POW」で、2月14日に販売をスタートする。「アンブッシュ」を率いるVERBAL自身が熱心なNFTプロダクトのファンであり、「アーティファクト(RTFKT)」の限定スニーカーも所有している。「アンブッシュ」今後のNFTを使った製品に関するロードマップも公開しており、コミュニティ型のSNSアプリ「ディスコード(DISCORD)」や自身のインスタグラムなどで情報を公開していく考え。VERBALは、「特にZ世代にとっては、メタバースのような仮想空間がリアルも同等、あるいはそれ以上に価値のある“新しい世界“になりつつある。同時にクリエイターとして、ものすごい勢いで変化し、成長するメタバースとNFTは非常に魅力的だ」とコメントしている。

 「アンブッシュ」が発表したロードマップによると、1月11日に「ディスコード」でオフィシャルチャンネルを開設。2月14日の「POW」の販売後は3月上旬に同ブランドの独自のメタバースをオープン、3月以降には他のクリエイターやブランドなどとのコラボNFTの販売を計画する。また、NFTのマーケットプレイスである「オープンシー(OPENSEA)」にもオフィシャルアカウントを開設済み。

 NFTは単に、アート作品などで注目を集めるデータ証明だけでなく、チケットのように使用したり、3Dデータ化したり、NFT化することで複数のゲームやプラットフォームを超えて使用できるようにしたりすることができる。「アンブッシュ」は、リアル発のファッションブランドとしていち早くマルチバース対応を行うことで、新時代のファッションビジネスやクリエイティブにウィングを広げる考え。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。