ファッション

「アディダス オリジナルス」NFT参入の理由 「スポーツのあり方が変わる」

 「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」は、ブランド初のNFTコレクション“イントゥ ザ メタバース(Into the Metaverse)”を12月18日に発売する。NFTブランド“ボード エイプ ヨット クラブ(Bored Ape Yacht Club)”“ジーマネー (gmoney)”“パンクス コミック(PUNKS Comic)”の3者と共同開発したコレクションで、緑のトラックスーツや黒のフーディー、オレンジのビーニーなどを用意する。購入者はNFTと同じデザインのプロダクトを現実で入手できるほか、NFTゲーム「The Sadbox」などで使用可能なバーチャルウエアを手に入れることができる。各NFTの価格は、0.2イーサリアム(約8万8000円)。

 NFTへの参入は「マネタイズが目的ではなく、もっとも勢いのあるコミュニティを知るためだ」と語るのは、プロジェクトメンバーのエリカ・スニード=ワイクス(Erika Sneyd-Wykes)だ。「『アディダス オリジナルス』は、常に新しいフロンティアでコラボしてきた。NFTは、世界中のクリエイターが、新しいやり方で存在感を強めている場所。このコミュニティによって、スポーツのあり方が変わるかもしれない。どんな人がいて、何が起こっているのかを知ることが第一だ。われわれには何ができるのかを、信頼できるパートナーとともに学んでいきたい」。

 プロジェクトの発端は、「アディダス」フットボールのEC担当者の小さなアクションだった。同スタッフが昨年のクリスマスシーズンにNFTのニュースを見て、「社内でやっている人がいるか」とヒアリングしたところ、複数の社員がNFTをやっていたという。上層部がこれを面白がり、部署を横断した社内タスクフォースとして、NFT参入プロジェクトが始動した。経理や人事など、普段は顔を合わせない異業種のスタッフも共にプロジェクトを進めている。

 同コレクションで協業した“ボード エイプ ヨット クラブ”“ジーマネー”“パンクス コミック”は、今もっとも支持されるNFTブランドの一つだ。例えば“ボード エイプ ヨット クラブ”は、米を拠点とする企業ユガ・ラボ(Yuga Labs)が手掛けるコレクションで、“Bored Ape(退屈した猿)”をモチーフに表情や服装が微妙に変えた作風が人気だ。9月には、サザビーズのオークションで101点の“Bored Ape”コレクションが2440万ドル(約26億8000万円)で落札されたことでも話題となった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら