ファッション

ナイキがバーチャルファッションの先鋒RTFKTを買収

 ナイキ(NIKE)はファッションやスニーカー分野のNFTを多く扱うスタートアップ企業RTFKTを買収した。買収額は非公開。

 アーティファクトと発音するRTFKTはブノワ・パゴット(Benoit Pagotto)、クリス・リー(Chris Le)、スティーブン・ヴァジレフ(Steven Vasilev)の3人が2020年1月に設立。店舗デザインやロゴデザイン、eスポーツ領域で経験がある3人が「ファッションとコレクターズアイテムの将来を作るため」に創業したRTFKTは、将来人々の活動の中心になると予想されているメタバースに対応したスニーカーやコレクターズアイテムで知られる。18歳のアーティスト、フュウオシャス(Fewocious)とコラボレーションしたNFTスニーカーコレクションがたったの7分で310万ドル(約3億3480万円)で落札されたことはコレクターたちに衝撃を与えた。

 ナイキはRTFKTを「ゲームエンジン、NFT、ブロックチェーンを活用した真贋技術、AR技術を推し進め、これまでにないバーチャル製品や体験を作り出している」と評価。ジョン・ドナホー(John Donahoe)=ナイキ社長兼最高経営責任者(CEO)は「今回の買収はナイキのDXを加速し、スポーツ、クリエイティビティ、ゲーム、カルチャーに関わるアスリートやクリエイターをサポートするための新たな一歩だ。RTFKTブランドに投資してサポートしながら彼らの革新的なクリエイティブなコミュニティーを成長させること、ナイキのデジタル領域と能力を拡張することがわれわれの目的だ」とコメントしている。

 ナイキはゲーム「フォートナイト(Fortnite)」内でスニーカー“ナイキ レブロン19(Nike LeBron 19)”のデザインを提供するなどゲーム分野の進出にも近年力を入れていた。

 パゴットRTFKT共同創業者は「ブロックチェーンネイティブのRTFKTは真贋や所有権を明らかにし、新たな体験へのアクセスを可能にするために生まれた。ブロックチェーン技術はクリエイターが限界なく活動することを助け、NFTはクリエイティビティと商業をつなぐパラダイムになるだろう。コミュニティーが生まれて影響力を持ったとき、世界は前進し古い考えは覆されるとわれわれは信じている」と語る。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。