ファッション

ナイキがバーチャルファッションの先鋒RTFKTを買収

 ナイキ(NIKE)はファッションやスニーカー分野のNFTを多く扱うスタートアップ企業RTFKTを買収した。買収額は非公開。

 アーティファクトと発音するRTFKTはブノワ・パゴット(Benoit Pagotto)、クリス・リー(Chris Le)、スティーブン・ヴァジレフ(Steven Vasilev)の3人が2020年1月に設立。店舗デザインやロゴデザイン、eスポーツ領域で経験がある3人が「ファッションとコレクターズアイテムの将来を作るため」に創業したRTFKTは、将来人々の活動の中心になると予想されているメタバースに対応したスニーカーやコレクターズアイテムで知られる。18歳のアーティスト、フュウオシャス(Fewocious)とコラボレーションしたNFTスニーカーコレクションがたったの7分で310万ドル(約3億3480万円)で落札されたことはコレクターたちに衝撃を与えた。

 ナイキはRTFKTを「ゲームエンジン、NFT、ブロックチェーンを活用した真贋技術、AR技術を推し進め、これまでにないバーチャル製品や体験を作り出している」と評価。ジョン・ドナホー(John Donahoe)=ナイキ社長兼最高経営責任者(CEO)は「今回の買収はナイキのDXを加速し、スポーツ、クリエイティビティ、ゲーム、カルチャーに関わるアスリートやクリエイターをサポートするための新たな一歩だ。RTFKTブランドに投資してサポートしながら彼らの革新的なクリエイティブなコミュニティーを成長させること、ナイキのデジタル領域と能力を拡張することがわれわれの目的だ」とコメントしている。

 ナイキはゲーム「フォートナイト(Fortnite)」内でスニーカー“ナイキ レブロン19(Nike LeBron 19)”のデザインを提供するなどゲーム分野の進出にも近年力を入れていた。

 パゴットRTFKT共同創業者は「ブロックチェーンネイティブのRTFKTは真贋や所有権を明らかにし、新たな体験へのアクセスを可能にするために生まれた。ブロックチェーン技術はクリエイターが限界なく活動することを助け、NFTはクリエイティビティと商業をつなぐパラダイムになるだろう。コミュニティーが生まれて影響力を持ったとき、世界は前進し古い考えは覆されるとわれわれは信じている」と語る。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら