ファッション

10周年の「ティート トウキョウ」がランウエイショー 小松菜奈も登場

 岩田翔と滝澤裕史が手掛ける「ティート トウキョウ(TIIT TOKYO)」が、東京・青海の東京国際クルーズターミナルで“2021年コレクション”と題したファッションショーを行った。ブランド設立10周年の節目となる今シーズンのテーマは“Wood Message”。プレスノートには、「自然と対話しながら、外の世界に思いを馳せる。新しい旅を夢見る物語」と記されていた。会場には、草木やウッドチップ、石のオブジェを並べ、巨大なモニターに年輪をイメージしたビジュアルを映し出した。

 ルックでは、22-23年秋冬の新作に加え、コロナでショーができなかった21-22年秋冬と22年春夏のアイテムもミックスした。ランウエイには、過去にも出演している女優の小松菜奈も登場した。

 ファーストルックは、ウインドウペンのブラウスとパンツのセットアップ。袖の生地は不規則にたぐり寄せ、前身頃はボタンによっていびつなシェイプが作られている。深いグリーンのシアー素材のブルゾンや薄いブラウンのワンピースなど、日本の自然の風景に着想したニュアンスカラーが、コレクション全体に奥行きを加える。

 中盤は、シルクハットやフリルシャツ、ラッフルなどのディテールで中世ヨーロッパを思わせるルックが登場した。ミニショーツを合わせたり、シアー素材やカットアウトなどで肌を見せたりして、センシュアルなテイストも添えた。揺らめく花のモチーフを押し出したワンピースやダマスク柄のセットアップ、草花をデフォルメした総柄ワンピールなど、柄の面白さも際立った。最後は、夕日のような力強い赤色のドレス。濃紺のラッフルが、夕方から夜へと移り変わる風景を思わせた。フィナーレは、船旅に向かう客のように見え、“新しい旅”というショーのメッセージを感じた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら