ファッション
連載 本明秀文のノットスニーカーライフ

アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ「祭りのあと」

有料会員限定記事

 スニーカーにまつわる噂話のあれやこれやを本明社長に聞く連載。「アトモス(ATMOS)」などを運営するテクストトレーディングカンパニーと米フットロッカーの“400億円M&A”で、スニーカー業界に激震が走ったのは先日の話。連載はまだまだ続く。今後はフットロッカーの裏話が聞けるかも。東京オリパラも後半戦に差し掛かり、スニーカー業界は早くも次のパリ大会を見据えているようだ。今回はスニーカーブームとこれからのトレンドについて。(この記事はWWDジャパン2021年8月23日号からの抜粋です)

――フットロッカーへの「アトモス」売却を発表してから1週間がたちますね。

本明秀文社長(以下、本明):「スニーカーブームが落ちてきたから売り逃げたんじゃないか?」という意見が多いみたいだけど、ずっとスニーカー屋をやってきて今までもいいとき、悪いときがあったし、僕はまだスニーカーを売る方法があると思っている。ただ、リセールがブームを表す一つの指標ではあって、リセール価格は全体的に落ちてきた。

――それでも買えないですよね。今はスニーカーに興味のない人まで、換金目的で抽選販売に参加していますから。スニーカー好きの男性の奥さんまで参加するので、“嫁アカ(嫁のアカウントの略)”という言葉があるぐらいです。リセールが落ち着けば今より買いやすくなるんじゃないですか?

本明:でもコロナで一番もうけている人たちは株に投資している人たちじゃん。コロナで今、国がどんどんお金を刷っているでしょ。それをみんな株に投資するから株高になって、金持ちはどんどん金持ちになっている。株と同じで、スニーカーに投資している人がたくさんいるから、スニーカー市場も全体的に伸びた。僕はコロナ禍があと2〜3年は続くと思っているから、しばらく今みたいな状況が続くんじゃないかな。

この続きを読むには…
残り914⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。