ファッション

アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ「祭りのあと」

有料会員限定記事

 スニーカーにまつわる噂話のあれやこれやを本明社長に聞く連載。「アトモス(ATMOS)」などを運営するテクストトレーディングカンパニーと米フットロッカーの“400億円M&A”で、スニーカー業界に激震が走ったのは先日の話。連載はまだまだ続く。今後はフットロッカーの裏話が聞けるかも。東京オリパラも後半戦に差し掛かり、スニーカー業界は早くも次のパリ大会を見据えているようだ。今回はスニーカーブームとこれからのトレンドについて。(この記事はWWDジャパン2021年8月23日号からの抜粋です)

――フットロッカーへの「アトモス」売却を発表してから1週間がたちますね。

本明秀文社長(以下、本明):「スニーカーブームが落ちてきたから売り逃げたんじゃないか?」という意見が多いみたいだけど、ずっとスニーカー屋をやってきて今までもいいとき、悪いときがあったし、僕はまだスニーカーを売る方法があると思っている。ただ、リセールがブームを表す一つの指標ではあって、リセール価格は全体的に落ちてきた。

――それでも買えないですよね。今はスニーカーに興味のない人まで、換金目的で抽選販売に参加していますから。スニーカー好きの男性の奥さんまで参加するので、“嫁アカ(嫁のアカウントの略)”という言葉があるぐらいです。リセールが落ち着けば今より買いやすくなるんじゃないですか?

この続きを読むには…
残り1105⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら