ファッション

アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ「祭りのあと」

有料会員限定記事

 スニーカーにまつわる噂話のあれやこれやを本明社長に聞く連載。「アトモス(ATMOS)」などを運営するテクストトレーディングカンパニーと米フットロッカーの“400億円M&A”で、スニーカー業界に激震が走ったのは先日の話。連載はまだまだ続く。今後はフットロッカーの裏話が聞けるかも。東京オリパラも後半戦に差し掛かり、スニーカー業界は早くも次のパリ大会を見据えているようだ。今回はスニーカーブームとこれからのトレンドについて。(この記事はWWDジャパン2021年8月23日号からの抜粋です)

――フットロッカーへの「アトモス」売却を発表してから1週間がたちますね。

本明秀文社長(以下、本明):「スニーカーブームが落ちてきたから売り逃げたんじゃないか?」という意見が多いみたいだけど、ずっとスニーカー屋をやってきて今までもいいとき、悪いときがあったし、僕はまだスニーカーを売る方法があると思っている。ただ、リセールがブームを表す一つの指標ではあって、リセール価格は全体的に落ちてきた。

――それでも買えないですよね。今はスニーカーに興味のない人まで、換金目的で抽選販売に参加していますから。スニーカー好きの男性の奥さんまで参加するので、“嫁アカ(嫁のアカウントの略)”という言葉があるぐらいです。リセールが落ち着けば今より買いやすくなるんじゃないですか?

この続きを読むには…
残り1105⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら