ファッション

アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ「中国とUNC」

有料会員限定記事

 スニーカーにまつわる噂話のあれやこれやを本明社長に聞く連載。ファッション業界では2022年春夏メンズコレの真っ最中だ。コロナで日本にいるとファッションウイークの話題がなんだか薄れてしまいがちだけど、ラグジュアリーブランドのコレクションは毎年、新しいトレンドの発信地。そこからトレンドカラーも生まれる……はず!ところが近頃は、中国の影響力がそれに負けずとも劣らないとか。今回はトレンドカラーの話。(この記事はWWDジャパン2021年6月28日号からの抜粋です)

WWD:これから夏にかけてトラヴィス・スコット(Travis Scott)、「フラグメントデザイン(FRAGMENT DESIGN)」「オフ-ホワイト(OFF-WHITE)」など、「ナイキ(NIKE)」の大型コラボが発売されますね。

本明秀文社長(以下、本明):でも「ナイキ」もリセール価格が以前に比べると落ち着いてきたよね。どう?

WWD:そうですね。最近はリセールサイトでも出品数が分かるので、出品数が多いとすぐに値段が下がるし、SNSで情報がすぐに回るので、意外と量が多いんじゃないか?となると著名人が履いていても下がっていきますね。

本明:今、中国の二次流通の調子が悪いからそれも影響していると思う。以前は、ハイプなスニーカーならなんでもと言ってもいいほど中国人が買い占めて中国に持って行っていた。

WWD:二次流通も中国マーケットの影響を受けるんですか?

この続きを読むには…
残り1160⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら