ファッション

アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ「ピカピカのキックス」

有料会員限定記事

 スニーカーにまつわる噂話のあれやこれやを本明社長に聞く連載。この連載でも何度か議題に上がっている「偽物」のスニーカー。従来のハイプスニーカーの偽物に加え、近頃はインラインモデル(一般流通している商品)の偽物も増えているという。市場にもたらす影響は?(この記事はWWDジャパン2021年5月17日号からの抜粋です)

WWD:二次流通が定着してきて、売るときのことを考えながらモノを買うようになってきました。

本明秀文社長(以下、本明):そうだね。でも某リユース店をのぞくと、これ偽物じゃないかな?っていう怪しいスニーカーばかり置いている。技術も上がって、素人ではなかなか判別できない。しかも最近は“エア フォース1(AF1)”の“白白(オールホワイトのインラインモデル)”の偽物が多い。一番もうかるんだと思う。

WWD:というと?

本明:ハイプスニーカーに比べて継続的に手に入るけど、人気があって店頭ではすぐに売れてしまう。そういうモデルを転売ヤーが根こそぎ刈り取って、二次流通に流すんだよ。先日、“白白”ばかりを狙う転売ヤーに話を聞く機会があったんだけど、1万1000円(税込)で買ったものを1万3000円ぐらいで売るみたい。それを繰り返してもうけていた転売ヤーたちが、最近、偽物が増えて、定価と同じ値段で二次流通に流れているから困っていると。みんな偽物と知らず、安い方を買うからね。

この続きを読むには…
残り1003⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら