ファッション
連載 本明秀文のノットスニーカーライフ

アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ「ピカピカのキックス」

有料会員限定記事

 スニーカーにまつわる噂話のあれやこれやを本明社長に聞く連載。この連載でも何度か議題に上がっている「偽物」のスニーカー。従来のハイプスニーカーの偽物に加え、近頃はインラインモデル(一般流通している商品)の偽物も増えているという。市場にもたらす影響は?(この記事はWWDジャパン2021年5月17日号からの抜粋です)

WWD:二次流通が定着してきて、売るときのことを考えながらモノを買うようになってきました。

本明秀文社長(以下、本明):そうだね。でも某リユース店をのぞくと、これ偽物じゃないかな?っていう怪しいスニーカーばかり置いている。技術も上がって、素人ではなかなか判別できない。しかも最近は“エア フォース1(AF1)”の“白白(オールホワイトのインラインモデル)”の偽物が多い。一番もうかるんだと思う。

WWD:というと?

本明:ハイプスニーカーに比べて継続的に手に入るけど、人気があって店頭ではすぐに売れてしまう。そういうモデルを転売ヤーが根こそぎ刈り取って、二次流通に流すんだよ。先日、“白白”ばかりを狙う転売ヤーに話を聞く機会があったんだけど、1万1000円(税込)で買ったものを1万3000円ぐらいで売るみたい。それを繰り返してもうけていた転売ヤーたちが、最近、偽物が増えて、定価と同じ値段で二次流通に流れているから困っていると。みんな偽物と知らず、安い方を買うからね。

WWD:僕は少し前に“AF1”の形がリニューアルされたので、旧バージョンを市場からはけさせるために一時生産をストップして、そのせいで枯渇しているのかと思っていました。

この続きを読むには…
残り920⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。