ファッション

アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ「子どもは正直」

有料会員限定記事

 スニーカーにまつわる噂話のあれやこれやをアトモス(ATMOS)の本明社長に聞く連載。コロナを契機に任天堂が過去最高益になるなど、おうち時間の増加はeスポーツ市場を急激に拡大させた。アトモスでもeスポーツのポップアップイベントを準備中。スニーカーとゲームの相性はいかに?(この記事はWWDジャパン2021年3月22日号からの抜粋です)

本明秀文社長(以下、本明):今度、原宿の「アトモス ピンク(女性向け業態)」で秋葉原を拠点に活動するeスポーツのプロチーム「チーム グラフト(TEAM GRAPHT)」と、eスポーツをテーマにしたポップアップイベントを開催する。30平方メートルぐらいのスペースで、「モンスターハンター」の発売日に合わせて3月26日から。アメリカでは将来的にeスポーツの市場規模は4兆円になると言われているけど、日本でも受け入れられるのか試してみたい。何でも、eスポーツプレイヤーたちはウエアには全然関心がないのに、ハイプなスニーカーを履いているらしい。

この続きを読むには…
残り1250⽂字, 画像0枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら