ファッション

アルマーニも宣言 サステナブルな眼鏡作りが当たり前になる日

有料会員限定記事

 世界のさまざまな分野でサステナビリティが広がっている。その声は、ファッション業界はもとより、眼鏡ブランドの間でも活発になってきた。自然環境に優しいモノ作りに先進的な「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」は、昨年ライセンス契約を締結したティリオス(THELIOS)と早速、生分解性のあるバイオアセテート素材を使用した眼鏡を展開。アルマーニ・グループ(ARMANI GROUP)も眼鏡におけるサステナビリティを宣言するなど、世界のファッションリーダーが機運を盛り上げている。(この記事はWWDジャパン2021年4月12日号からの抜粋です)

 眼鏡のサステナビリティは、イタリアの大手企業からさまざまな取り組みが持ち上がっている。「ステラ マッカートニー」とライセンス契約を締結したティリオスのジョヴァンニ・ゾッパス(Giovanni Zoppas)最高経営責任者(CEO)は、「当社がサステナブルなモノ作りを目指す大きな一歩となる。このブランドと共に既成概念を変えたい」と変化への意欲を示した。

 「ステラ マッカートニー」の眼鏡は素材の39%にヒマシ油を配合し、原材料の二酸化炭素排出量を40%カットしたバイオレンズを使用した。ゾッパスCEOは「彼女のデザインは美しさ、機能性、革新性への期待を裏切ることなく、アバンギャルドだ」と評する。

 ステラ・マッカートニーは、「私たちは以前から地球に優しい素材作りに携わってきたが、その中にはプラスチック素材を多く使用するラグジュアリーな眼鏡分野も含まれる。私たちが手掛けるバイオテクノロジーのソリューションやサステナビリティに関する革新的な取り組みをティリオスに提案することで、『ステラ マッカートニー』のエコフレンドリーなビジョンを眼鏡のエキスパートと一緒に推進できることをうれしく思う」とコメントした。ティリオスは、さらにサステナブルなモノ作りを推進するため、イタリアの大手素材メーカー、マツケリーおよび特殊素材プロバイダーであるイーストマンと提携し、2022年を目指してリサイクル可能なアセテートを開発する新しい計画を明らかにしている。

この続きを読むには…
残り2077⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら