ファッション

アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ「Boys, be ambitious!」

有料会員限定記事

 スニーカーにまつわる噂話のあれやこれやをアトモス(ATMOS)の本明社長に聞く連載。学生から主婦まで、“1億総転売ヤー時代”の今、多くの若者がスニーカーで小銭を稼いでいるのは周知の事実。転売に夢中になるのは自由だが、どうせなら「もっと大きな志を持とう」という社長からのメッセージ。(この記事はWWDジャパン2021年3月8日号からの抜粋です)

本明秀文アトモス社長(以下、本明):最近、ユーチューブの「アトモスTV(ATMOS TV)」に出演するようになって、若者から「どうやってビジネスを始めればいいんですか?」っていう質問をたくさんもらうようになった。僕はアメリカに行って古着の並行輸入から商売を始めたから、転売と同じような感覚で捉えられることもあるけど、ちょっと違う。この連載でも何度か話しているけど、当時は現代みたいにECで何でも買えるわけじゃないから、フットロッカー(FOOT LOCKER、米最大のスニーカーチェーンストア)の別注やアメリカ限定のような日本で売っていないモノを買い付けていた。年に8回、トータルで80日ぐらいはアメリカに行っていて、1回に300〜400足仕入れていたんだ。それが商売になった。

WWD:いろいろなものが掘り尽くされて、今同じようなビジネスモデルは難しくないですか?

この続きを読むには…
残り1182⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら