ファッション

「アトモス ピンク」にゲームセンター出現 「モンハン」最新作のワッペンや往年ゲーム機Tシャツも

 女性のためのスニーカーセレクトショップ「アトモス ピンク(ATMOS PINK)」は、ゲーム周辺機器の企画開発や輸入販売事業を行うMSYと雑誌の「ナイロン ジャパン(NYLON JAPAN)」とのコラボレーションによるゲームセンター「ゲーミングセンター バイ グラフト サポーテッド バイ アトモス ピンク + ナイロン ジャパン(GAMING CENTER BY GRAPHT SUPPORTED BY ATMOS PINK + NYLON JAPAN)」を原宿店に5月31日までオープン中だ。

 ゲームセンターは約40平⽅メートルのスペースで、MSYのオリジナルブランド「グラフト(GRAPHT)」のロゴテープが付いたイエローの什器を設置したほか、人気ゲーム「ぷよぷよ」やスマートフォンのバトルロイヤルゲームを無料で体験することが可能だ。会期中はゲームソフトを随時変更し、幅広い層にリーチしていきたいという。

 店内に並ぶアイテムは、セガの60周年を祝した“セガ 60 TH ハードウエア”や「モンスターハンターライズ」の“2ウエイ刺しゅうワッペン”(1800円)、Tシャツ(4800円)、「レーザー(RAZER)」のゲーミングヘッドセットやマウス、キーボードなどをそろえる。

 MSYの秋山昌也・代表取締役は「日本のゲームに対するマイナスなイメージをどうにか払拭したい。今はゲームをしない人の方が少ないし、ファッション好きもゲーム好きも一つのジャンルに対する“オタク”という部分は変わらない。中でもスニーカーとゲームの相性は良いので、『アトモス ピンク』とコラボレーションした。今年の夏頃を目処に、アパレル商品をさらに拡充していく予定」と語る。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら