ファッション

ゆりやんが“スニーカー以外履かない”宣言 「アトモス ピンク」のオープニングでギャグ連発

 テクストトレーディングカンパニーは9月28日、ウィメンズスニーカーの専門店「アトモス ピンク(ATMOS PINK)」の旗艦店を東京・原宿のウィゴー(WEGO)跡地にオープンした(東京都神宮前6-5-3 イベリアビル1F)。店舗面積は約363平方メートル。アトモス ピンクとしては9店舗目の最大店舗となる。

 店内は、「ナイキ(NIKE)」「アディダス(ADIDAS)」「プーマ(PUMA)」などのスポーツブランドのスニーカーを中心にアパレルも並べる。各コーナーに2体ずつ並べたトルソーには、ワンブランドでのコーディネートと「アトモス ピンク」のオリジナルアイテムをミックスしたコーディネートの2つを見せる。店内に設置したデジタルサイネージでは、スポーツブランドの最新動画はもちろん、アトモス ピンクが制作したビジュアルを配信。プロのスタイリストによるパーソナルスタイリングを定期的に開催するなど、ファッションとしてのスニーカーを提案していく考えだ。

 ショップディレクターに起用されたインフルエンサーのアヤヤン(ayayan)は「アトモス ピンクのすでにあるオリジナリティーに私のセンサーに引っかかるものをどんどん取り入れて、世界に向けて発信できるショップにしたい。オリジナルのアイデアも日本人はもちろん、インバウンドにも受け入れてもらえるようなデザインを意識した。今後も日本未発売のブランドの取り扱いのスタートなどを予定している」と説明する。テクストトレーディングカンパニーの本明秀文社長は「世界を見渡してもこの規模のウィメンズスニーカー専門店はない。日本でうまくいけば、このモデルケースをアメリカに持って行くつもりだ」と今後の展望を話した。

 27日には入場自由のレセプションパーティーを開催した。ディズニー映画「ライオンキング」の日本版テーマソングを歌うRIRIのライブやダンスステージなどを実施。マテンロウのアントニーが司会を務めた女芸人によるトークショー「スニーカー女子会」では、登壇したゆりやんレトリィバァが“スニ女子”として「今後はスニーカー以外履かない」と宣言。ゆりやんは、この日衣装のスカートのサイズが合わず、意図せず“よそ行きのエアロビ”スタイルになってしまったというが、ギャグ連発で終始会場を盛り上げた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら