ファッション

アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ「飽きとの戦い」

有料会員限定記事

 スニーカーにまつわる噂話のあれやこれやを本明社長に聞く連載。2018年以降のスニーカーバブルは大衆を巻き込み、かつてないほどに盛り上がっている。「ナイキ(NIKE)」を筆頭に、毎日のように新作が発売され、SNSでは「買えた」「買えなかった」の応酬。そんな状態に警笛を鳴らす。(この記事はWWDジャパン2021年4月26日・5月3日合併号からの抜粋です)

本明秀文社長(以下、本明):「ナイキ」の人気が落ちてきた。頼みの綱だった“ダンク”ですら、ローカットはともかくハイカットの売れ行きが鈍ってきている。“エア ジョーダン(AIR JORDAN)”も“ジョーダン1”のハイカットは人気があるけど、ミッドカットは余っているし、売れるモデルと売れないモデルの差が以前にも増して開いてきている。

WWD:“ダンク”のハイカットはこの頃、二次流通でもほとんど値段が上がっていないですね。

本明:そう。利益が出ないと分かれば転売ヤーが返品するから、その分リストック(再販売)も増えてくる。

この続きを読むには…
残り1278⽂字, 画像0枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む