ファッション

アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ「国力とスニーカー」

有料会員限定記事

 スニーカーにまつわる噂話のあれやこれやをアトモスの本明社長に聞く連載。緊急事態宣言下でもナイキを(NIKE)筆頭に、スニーカーは毎日のように発売される。盛り上がる市場をよそに、ブームも飽和すればいつかは沈静化するだろう。今回は、スニーカーブームの変せんと今後の流れを考察する。(この記事はWWDジャパン2021年2月22日号からの抜粋です)

WWD:今週号は“売れたもの”がテーマです。今売れているものってなんでしょう?

本明秀文アトモス社長(以下、本明):小さなブランドでも何かに特化したブランドはちゃんと売れているね。「グリップスワニー(GRIP SWANY)」というブランドを知ってる?彼らは“焚火キャンプウエア”というキャンプの中でも局地的な服作りをしている。アトモスでもコラボしたんだけど、即完売だった。

この続きを読むには…
残り1353⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら