紙面紹介

2020年秋冬に売れたものは何だった? 特選、婦人服、化粧品の商況を取材/付録「WWDビューティ」2月号

 「WWDジャパン」2月22日号は、「2020年秋冬に売れたものは何だった?」というテーマで特集を組んでいます。特選(ラグジュアリーブランド)、婦人服、化粧品という注目3市場について、20年8~12月の商況を有力百貨店やファッションビル、ショッピングセンターにそれぞれ聞きました。そこから見えてきたのは、“イエナカ”“高額品”“信頼の定番”“ワクワク”“コラボ”という5つの消費キーワード。ウィズ・コロナ時代に消費者はどんな商品を求めているか、商業施設はそうした消費者の心をつかむためにどんな販促を行い、どういった成果につながっているか。それらを検証し、次のビジネスヒントを探りました。購読者向けの別冊特典「ビジネスリポート」とも連動した内容となっており、「ビジネスリポート」は単品販売も行っています。ほかには、「脱・百貨店」のビジネスを目指すJ.フロントリテイリング好本達也社長のインタビューや、ビューティ業界のプロが解説する最近の注目すべきビューティニュースのコーナー「ビューティ インサイト」などを掲載しています。

 人気の最終面「ファッションパトロール」では、“ニャン・ニャン・ニャン”(2月22日)にかけて、ファッション業界でネコ好きとして知られる編集者、服部円にインタビュー。読むべきネコ関連書籍、自慢のネコ×ファッションなアイテムを教えてもらいました!

 購読者向け特典の「ビジネスリポート」とともに、今週号には付録として「ラン&フィットネス特集」も付きます。表紙にも登場いただいたダンサーのアオイヤマダさんのインタビューのほか、健康的に暮らすためのティップスやおすすめスポーツ商品などを紹介しています。

 また付録の「WWDビューティ」では、ツイッターやユーチューブでのコスメの“バズり方”にフォーカス。昨今はインスタグラムだけでなくツイッターやユーチューブでもコスメの“バズ”が起こり、情報拡散が多様化しています。そんな“バズ”を起こしているインフルエンサーやメーカー、メディアの担当者に取材をしました。ヘアの特集では、ヘアサロンの新人教育について取り上げています。新人アシスタント4人に、コロナ禍での研修やサロンワークについて聞きました。

訂正:「WWDビューティ」P.8の記事の中で、堀内丈史D2C事業部本部長は正しくは堀ノ内丈史D2C事業部本部長、古田智恵子ブランドマネージャーは正しくは吉田智恵子ブランドマネージャーでした。

CONTENTS

FEATURE

  • 2020年秋冬 売れたものは何だった?

EDITOR’S VIEW

  • ただ新製品を発売するだけでは通じない時代(ビューティデスク 北坂映梨)

FOCUS

  • J.フロント リテイリング好本達也社長が語る新常態の小売市場 逆境下で「脱・百貨店」の総仕上げ
  • コロナで揺れる眼鏡企業のアジアビジネス ジンズの中国、オンデーズの台湾は目算立った?

SERIES

  • Beauty Insight ファッション業界人も知るべき今週のビューティ展望:Vol.20 既成概念の変化でデザインレスの時代になるか/最近目立つ人気ブランド同士のコラボに注目
  • ファッション&アパレル関連株騰落率ランキング:第60回
  • アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ:Vol.69 国力とスニーカー
  • 菅付雅信「不易と流行のあいだ」:Vol.36 セカンドハンドがファーストプレイスになるとき(後編)

FASHION PATROL

  • 2月22日は「猫の日」 愛さずニャ〜いられニャい、猫と私たちの密ニャる関係

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら