ファッション

ニューバランスがNY発「エメ レオン ドレ」創設者と長期契約 創業115年目で初のクリエイティブ・ディレクター誕生

 ニューバランス(NEW BALANCE)は、ニューヨーク発のブランド「エメ レオン ドレ(AIME LEON DORE)」創設者のテディ・サンティス(Teddy Santis)と長期間のパートナーシップ契約を結んだ。サンティスは“メイド・イン・USA”コレクションのクリエイティブ・ディレクターとして商品開発などに携わる。ニューバランスがクリエイティブ・ディレクターの役職を設けるのは創業から115年で初めて。同氏が手掛けたコレクションは、2022年から全世界で発売する。

 両者は19年4月の協業を皮切りに、シューズやアパレルを共同制作してきた。サンティスは「私は、ニューバランスがこれまで“ハイプ”を作るよりも、誠実さや本質といった真のブランド価値を優先してビジネスを作り上げてきたことに引かれた。われわれの真の価値をキャンペーンを通して世界に伝え、時代の最先端を行く人々と共に、本物のストーリーを語っていきたい」とコメントした。

 ニューバランスのクリス・デイビス(Chris Davis)=チーフ マーケティング オフィサーは「サンティスと一緒にニューバランスのクラフツマンシップを用いて、未来のヘリテージへの第1章を定義していきたい。彼のインスピレーションに富んだビジョンとコラボレーションすることで、アスレチックカンパニーとしての常識やルールを飛び越えられると共に、世界基準のプロダクトをさらに高いレベルで開発できる」と話した。

 キャンペーンビジュアルにはサンティスに加え、パン屋や床屋、仕立て屋、肉屋、ペインターなど、ニューヨーク在住の職人たちが登場。“メイド・イン・USA”のクラフツマンシップと、ニューヨークという街の歴史や精神を「エメ レオン ドレ」で独自に表現してきたサンティスのセンスの融合を表現している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッションで明るい世界を描こう 2022年春夏メンズ&21-22年秋冬オートクチュール特集

「WWDJAPAN」8月2・9日の合併号は、2022年春夏メンズ&2021-22年秋冬オートクチュールコレクション特集です。メンズでは、リアルショーを行った「ジョルジョ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」「ディオール(DIOR)」の現地取材に加え、デジタル発表でインパクトを残した「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「プラダ(PRADA)」「バーバリー(BURBERRY)」など…

詳細/購入はこちら