ファッション

「ニューバランス」がNY発「エメ レオン ドレ」とコラボ 90年代に思いをはせた一足

 ニューバランス(NEW BALANCE)は、キャッチーなストリートウエアを得意とするNYブランド「エメ レオン ドレ(AIME LEON DORE)」とコラボレーションしたシューズ“エメ レオン ドレ × ニューバランス 827”を3月19日に発売する。価格は1万6800円で、日本での販売はイエローベースのカラーのみ。サイズは26〜29cmで、ニューバランスの六本木 19:06とドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)、ユナイテッドアローズ&サンズ(UNITED ARROWS & SONS)で取り扱う。

 ニューバランスが1999年に軽量ランニングシューズとして発売した“827”をベースに、「エメ レオン ドレ」創設者のテディ・サンティス(Teddy Santis)の故郷であるニューヨークに思いをはせたデザインが特徴だ。カラフルな色使いは、90年代後半のニューヨークシティマラソンの大会カラーが着想源。同大会のロゴをインソールに施したり、リフレクターのテープやブランドロゴをアクセントにあしらったりと、サンティスのこだわりが細部まで表現されている。アッパーはスエードにメッシュを組み合わせて軽量化し、ニューバランス独自のクッション素材“アブゾーブ”や“シーキャップ”を用いて反発性を高めるなど、現代のテクノロジーを生かした機能性を融合している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら