ファッション

「オーラリー」とニューバランスのコラボ再び クリーンでシンプルなカプセルコレクション

 ニューバランス(NEW BALANCE)は、岩井良太デザイナーの「オーラリー(AURALEE)」とコラボレーションしたシューズとアパレルを2月8日に発売する。シューズはニューバランスが1978年に発表した軽量のランニングシューズ“コンプ100(COMP100)”をベースにし、シボ感のあるレザーを使用している。細身のラストと、上品なワントーンカラーで統一したシンプルなデザインが特徴だ。価格は1万8000円で、ライトグリーンとスモーキーブラウンの2色を22.5〜30cmのサイズでそろえる。

 アパレルは、一着まるごと立体的に編み上げたホールガーメントの半袖ニット(2万5000円)と長袖ニット(2万7000円)、パンツ(2万9000円)の3型で、ユニセックスの3サイズを用意する。ドライタッチのコットンを使用し、後ろ身頃には特殊なリクフレクト糸をアクセントとして編み込んでいる。

 「オーラリー」直営店や全国のユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)、ニューバランスの六本木 19:06と公式オンラインストアで販売する。

 両者の協業は2度目で、前回はニューバランスのライフスタイルブランド「東京デザインスタジオ ニューバランス(TOKYO DESIGN STUDIO NEW BALANCE、以下TDS)」とのコラボレーションだった。「オーラリー」が1月のパリ・メンズ・ファッション・ウイークで発表した20-21年秋冬コレクションでは、再び「TDS」と協業したシューズがランウエイに登場している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら