ニュース

ニューバランスも“厚底”市場に本格参戦 初のカーボンプレート搭載ロングラン用シューズ

 ニューバランス(NEW BALANCE)は、優れた反発弾性を持つ独自のミッドソールフォーム「フューエルセル(FUELCELL)」とカーボンファイバープレートを組み合わせたランニングシューズ“フューエルセル”シリーズのトップランナー向けの新作を3月から順次発売する。ブランド初となるカーボンファイバープレートを搭載した厚底シューズで、トレーニングからレースまであらゆるシーンを想定した“フューエルセル TC(FUELCELL TC)”と、“フューエルセル ティーシー”の上位モデルでアスリートのレース用厚底シューズ“フューエルセル RC エリート(FUELCELL RC ELITE)”が登場する。

 ソフトな履き心地の“フューエルセル TC”は、アウトソールの前足部に「ブラウンラバー(BLOWN RUBBER)」と呼ばれるラバー素材を採用し、耐久性と安定性が向上。アッパーにはメッシュ素材を使用することで、通気性と軽量性、フィット感を高めた。また一人一人のランナーに快適な履き心地を提供するため、ランニングシューズでは珍しく足長だけでなく足囲(甲回り)でもシューズを選ぶことができるよう2サイズを用意する。価格は2万2000円で、3月9日からブランドの公式オンラインストアのみで取り扱う。

 発売に合わせてニューバランス銀座とニューバランス名古屋では、“フューエルセル ティーシー”の試し履き会を3月9〜16日と19〜26日に実施し、シューズの予約受け付けも行う。

 “フューエルセル RC エリート”は、より軽量化させたモデル。アッパーのメッシュ素材はフィット感を高めるために2層構造で、アウトソールの前足部にスパイクのようなグリップ力が高い「ダイナライド(DYNARIDE)」を採用している。価格は2万6000円で、アメリカでは3月24日に発売し、日本では今秋の販売を予定している。なお、アメリカでは3月に販売が開始されるため、先日ワールドアスレチックス(世界陸連)が東京2020オリンピック・パラリンピックに合わせて発表した公式レースにおけるシューズ規定の一つである「4月30日以降、競技会で履くには4カ月以上の市販期間が必要」をクリアしている形となる。

 “フューエルセル”シリーズは、“ランナーがより速く、より効率的に走るための革新的でクリエイティビティーあふれるシューズ”を目指し、ニューバランスが2017年から女子中距離ランナーのジェニー・シンプソン(Jenny Simpson)選手と共に開発をスタート。昨年9月に初代モデルとして、短距離の高速レース用シューズ“フューエルセル 5280(FUELCELL 5280)”を発売した。

■“フューエルセル ティーシー” 試し履き会
日程:3月9〜16日
場所:ニューバランス銀座
住所:東京都中央区銀座3-10-6 マルイト銀座第3ビル

日程:3月19〜26日
場所:ニューバランス名古屋
住所:愛知県名古屋市中区錦3-25-20

最新号紹介