ファッション

「ニューバランス」の“快適すぎる”新デイリーウエア シソンヌじろうもボケ冴え渡る

 「ニューバランス(NEW BALANCE)」は、“はたらく大人のデイリーウエア”がコンセプトの“ザ シティ(THE CITY)”コレクションの新作を発売した。はっ水性と伸縮性に優れたジャケット2型(1万5180円、1万1880円)をはじめ、ストレート・スキニー・スリムテーパード・ワイドテーパードの4つのシルエットから選べるパンツ(9790円)、同ブランドのシューズワッペンが胸元に付くポロシャツ(6490円)、無地とボーダー柄のTシャツ(6490円)などを用意する。「ニューバランス」公式オンラインストアと全国のスポーツデポ、アルペンなどで扱う。

 発売に合わせて、同コレクションを通してアクティブに働く生活を提案する“ワークティブ”キャンペーンがスタートした。メディア向け発表会にはお笑い芸人のシソンヌが登壇。実際に“ザ シティ”を着用して1週間生活した2人が、性能の良さと“ワークティブ”な日々を振り返った。長谷川忍は「スムーズに動けるので、快適に通勤できます。いつもならタクシー移動しちゃう場面でも、歩いたり電車に乗ったりして移動するようになりました。適度な運動も増えて、調子が良くなった気がしますね」と真面目にコメント。一方じろうは「“ズ シテイ”……、いや“ザ シティ”ですね。青森が長いもんで、すみません」と笑いを誘いながら、「僕は腰とケツがめちゃくちゃ痛くて、毎日ストレッチが欠かせません。これはすごくよく伸びるので、激しめのストレッチも全く問題なかったです」と回答した。さらにバイクが趣味のじろうは「このままバイクにまたがって、街を走りたい。そしてきれいなお姉さんの目の前に止まって、『ザ シティ』と呟きたい」と話すと、長谷川が「それお姉さんにもニューバランスさんにも失礼だから絶対にやめて!」と突っ込んで会場を盛り上げた。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら