ファッション

「キディル」は「普通の服は二度と作らない」 強い服を求めてたどり着いた“純粋な狂気”

 末安弘明デザイナーが手掛ける「キディル(KIDILL)」が、2022年春夏コレクションをパリ・メンズ・ファッション・ウイークで発表した。今季のテーマは“Innocence(純粋性)”。東京・赤坂の草月会館内にある、イサム・ノグチが手掛けた石庭「天国」を舞台に、いつも以上に強く、狂気に満ちたパンクスタイルを披露した。末安デザイナーは「コロナが直撃した去年の春夏は、(型数減らすなど)弱気になっていた。つまんなくて、ただの服になっちゃっていた。それを二度と繰り返したくなくて、とにかく強いものを作りたかった」と今シーズンに込めた思いを語った。

アーティストとのコラボで
“純粋性”を増幅

 欲求のままに制作活動を続ける複数のアーティストとコラボし、コレクションの“純粋性”を追い求めた。英国人アーティストのトレヴァー・ブラウン(Trevor Brown)は、口紅をいびつに塗った少女や首を落としたラブドールや、きのこの笠を被り裸で祈りを捧げる子供など、グロテスクなモチーフをポップに描くタッチを得意としている。彼の作品をオーバーサイズのスエットに大きくプリントしたり、総柄のスーツにしたりして、「キディル」のパンキッシュなスタイルにおどろおどろしさを添える。ロープアーティスト、ハジメ・キノコとの協業では、素肌やTシャツの上から緑やピンクの縄で緊縛したダイレクトなボンテージスタイルを提案。一見不自由に見えるが、「縛る者と縛られる者との信頼の形」とも解釈でき、テーマの“純粋性”を象徴している。その上からスプレーを吹きかけたり、無数のファスナーを付けたり、強いダメージ加工を施したりして、末安デザイナー自身の創作意欲もぶつけた。純粋さを表現するには要素が多いように感じたが、「これが作りたい」「この服を見てほしい」という“純粋”な感情は、ひしひしと伝わってきた。

 インスタレーションの途中には、世界的ノイズミュージックバンド非常階段のボーカルJUNKOが登場。「叫び」という本能的な行動を通して、“難しく考えず、思いのままに表現しよう”というメッセージを届けた。

 コロナを経験したからこそ、フィジカルでの発表に強くこだわる。「生の方がよくないっすか?映像だけ作って配信するよりも、リアルでやったほうが楽しいし、その方が意義があると信じてます。来年1月はパリでやれると思う。そこでも、テンションあがるものを作るだけです」。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら