ビジネス
連載 本明秀文のノットスニーカーライフ

本明秀文の“ノット”スニーカーライフ「ギャル男とラッパー」

有料会員限定記事

アトモスの創業者・本明秀文さんの独自の目線と経験から、商売のヒントを探る連載。本明さんによると、ナイキジャパンで大きな組織改革があり、アトモス時代の本明さんたちと世界のスニーカーブームを盛り上げてきた縁の下の力持ちたちが、会社を去ることになったという。今のこの荒ぶるスニーカー業界の状況を、2年前に誰が想像できただろう。「商売は未来予測」とは本明さんの口癖だが、今回はストリートの少し先の未来を予測する。キーワードは、“ギャル男とラッパー”!?(この記事は「WWDJAPAN」2024年6月10日号からの抜粋です)

本明秀文(以下、本明):知り合いに「ナイキ(NIKE)」のアウトレットの写真を見せてもらった。そこには、大量の“エア ジョーダン 1(AIR JORDAN 1、以下AJ1)”が棚にきれいに陳列されていて、ある意味壮観だった。アウトレットでは、定価約2万7000円のおよそ半額で手に入るらしい。だけど、中国人インバウンド客が根こそぎ買っていくのは、そんなお得な“AJ1”ではなく、もっと安価な2000〜3000円のスニーカーだとか。そんな状況を見ていると、しばらく「ナイキ」は復活しないかもと思ってしまう。

――“AJ1”は昨年、定価が約1万円値上がりして、急に人気が落ちました。もう元の値段には戻らないでしょうが……。最近は季節柄、「ヴァンズ(VANS)」が売れていませんか?

本明:「ヴァンズ」は減収が続いている。親会社がVFコーポレーション(VFC)である以上、うまくいかないと思うよ。組織が悪いから。「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」「ティンバーランド(TIMBERLAND)」「ヴァンズ」と、傘下ブランドがまるっきりダメ。さらに「シュプリーム(SUPREME)」も売却のうわさが出ている。これまでは、「ザ・ノース・フェイス」「ティンバーランド」「ヴァンズ」を「シュプリーム」とコラボさせて、VFCの株価を上げていたけど、連発しすぎで飽きられてしまった。だからVFCにとって、もう「シュプリーム」は利用価値がない。昨年は1兆円以上売り上げて、1千数百億円も赤字なんだから目も当てられない。

この続きを読むには…
残り1130⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。