ファッション
連載 本明秀文のノットスニーカーライフ

アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ「メルカリのタモさん」

有料会員限定記事

 スニーカーにまつわる噂話のあれやこれやを本明社長に聞く連載。スニーカーが二次流通と切っても切れない縁なのは周知の事実だが、今回はなんと、時価総額9000億円に迫るメルカリのタモさんこと田面木宏尚・日本事業CEOをゲストに迎え、スニーカー談話に花を咲かせる。なんでも田面木CEOは大のスニーカーファン。地元秋田で過ごした10代の頃の話から偽物対策、現在のプロジェクトに至るまで、スニーカートークからメルカリのすごさが分かる?(この記事はWWDジャパン2021年8月2・9日合併号からの抜粋です)

本明秀文社長(以下、本明):メルカリが好調なのはタモさんみたいな“物フェチ”がいるからだと思う。本当にスニーカー愛がすごい。

田面木宏尚CEO(以下、田面木):地元が秋田の田舎だったので、原宿への憧れが強かったんです。東京にも行けないし、ネットもなく、ファッションの情報は雑誌を読むかラジオを聞くしかない。「ブーン(BOON)」と「スマート(SMART)」の両方を買えないから、毎月「スマート」を買って何度も読むみたいな。当時の地元では「ナイキ(NIKE)」も売っていませんでしたから、“エアマックス95(AIR MAX 95)”の“イエローグラデ”とかも当然買えないわけです。それで「コンバース(CONVERSE)」の“カモ(迷彩柄)”のローカットをデパートで2900円で買って、しばらく履いていました。だから僕にとっての初めてのスニーカーは「コンバース」なんです。今は10代の頃の憧れが爆発している感じですね。

本明:僕もビンテージスニーカーを探すのに「メルカリ」を使うんですよ。「メルカリ」は偽物が少ないですよね?

この続きを読むには…
残り1009⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。