ファッション

アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ「五輪でゴリンジュウ」

有料会員限定記事

 スニーカーにまつわる噂話のあれやこれやを本明社長に聞く連載。ついに東京でオリンピックが始まる。昨年のこの時期は、コロナなんて想像もしていなかった多くのスポーツメーカーが“オリンピック商材”を仕込み、軒並みコケるという場面を目の当たりにした。スニーカー業界が五輪に振り回された1年を経て、ついにスポーツの祭典がスポーツメーカーの追い風になるか……?と思いきや、やっぱりそうでもないらしい。(この記事はWWDジャパン2021年7月19日号からの抜粋です)

ーーいよいよオリンピックですね。スニーカー業界にとってオリンピックは追い風になりそうですか?

本明秀文社長(以下、本明):全くないと思う。それどころか無観客開催になったことで、僕が取引先からもらった観戦チケット4枚も全部水の泡。IOCは広告収入で大もうけかも知れないけど、スポーツメーカーは大損しているよ。その際たる例がアシックス(ASICS)。ゴールドパートナーのスポンサー料が100億円以上といわれているから、売上高が3850億円ほどの企業のPR費としてはめちゃくちゃな数字だよね。だから今年はPR費を一切掛けられないそう。

この続きを読むには…
残り1062⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら